確定拠出年金

個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」で自分年金!5%の利回りで3400万円になるってよ

どうも!個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」をコツコツと積み立てているしんのすけです。

今年で投資歴14年目。資産運用の利回り向上を目指して個別株、海外ファンド、海外不動産、FXなどいろいろ手を出すが、最終的にメインは節税効果の高いiDeCo・NISAでの低コストのインデックスファンド積み立てに落ち着いている今日このごろです。

個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」って何?って人は以下の記事を参考にして下さい。

 

年末も近づいてきたことこもあり、いろいろと投資関連の書類などを整理していたらなかなか興味深い資料が出てきたのでシェアしたいと思います。

60歳時点での資産残高34,021,494円なり

私が加入しているSBI証券から送られてきた「確定拠出年金の資産残高等に関する定期報告」の中に60歳時点での資産残高シミュレーションという項目がありました。これによると60歳になった時点での想定残高は、利回り5%の場合34,021,494円になるとのことです。

私は30代になってから積立を開始していますが、20代から始めていれば想定残高はもっと上を狙えていたでしょうね。積立投資を始めるなら若いうちから行っていたほうが有利であることは間違いありません。

投資を始めるなら早いうちにやるのおすすめですよ。少額からでもぜんぜんOKです。

利回り別の資産残高シミュレーション

  • 0% – 18,460,004円
  • 1% – 20,701,659円
  • 3% – 26,340,167円
  • 5% – 34,021,494円

※想定残高は 、「今回基準日」現在の残高及び料金を算定基礎として月複利り・非課税を前提に計算。ちなみにこの資産残高のシミュレーションは2017年度のものになります。2018年度の報告書からはこの資産残高シミュレーションの記載が消えていました。

 

5%と0%の差はなんと15,561,490円にもなります。もちろん、利回りがマイナスになることもありえますが、長期的に考えれば「5% – 34,021,494円」は十分に実現可能な範囲ではないかと思います。

ただ、個人型確定拠出年金だけでは目標としている1億円には届かないので積立NISAおよび他の投資にて利回りを追求していく必要があります。

 

そういえば、個人型確定拠出年金については、このような気になるニュースも出てきています。

厚生労働省が確定拠出年金の加入期間を65歳まで延長を検討

厚生労働省は運用成果によって年金額が変わる確定拠出年金について、掛け金を払い込める期間を延ばす方向で検討に入る。上限を60歳から65歳に上げる案が軸だ。期間が延びれば、老後に受け取る年金は増える。60歳を超えても働く人が増えているため私的年金の仕組みを充実させ、先細りする公的年金を補う。

確定拠出年金、65歳まで加入延長を検討 厚労省

現在は原則として60歳までとなっている確定拠出年金の上限が65歳にまで上がる案が出ているようです。積立期間が伸びれば将来受け取れる年金も増える可能性が出てきます。ただ、一律65歳からとせずに60歳から65歳の期間で自由に選択できるようにしてほしいですね。

こちらの記事からはどのようになるかまでは読み取ることはできませんでしたが、60歳の時点で利益が出ていれば引き出し、利益追求の余地がある場合は延長できるなど、柔軟な対応を期待したいです。

 

いずれにせよ、節税効果の高い確定拠出年金は利用しない手はありません。FXや仮想通貨、自動売買などでサクッと儲けたい気持ちは十分に分かります。ただそのような方法で利益を出せる人はほんの一握りだけです。そのような投資はiDeCoやNISAなどの国が用意してくれた節税枠を使いきった後にやっても遅くはありません。

関連記事

  1. 確定拠出年金

    2018年の個人型確定拠出年金iDeCo積み立てが完了、5年目の運用利回りはいかほど?

    2014年から個人型確定拠出年金(以下、iDeCo)で積み立て投資を始…

  2. 確定拠出年金

    ネット専業証券としては2社目!楽天証券の個人型確定拠出年金をチェック

    楽天証券は個人型確定拠出年金の受付を2016年9月24日から開始してい…

  3. 確定拠出年金

    個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」のメリットとデメリット

    個人型確定拠出年金には国に頼らずに自分で老後資産を蓄えるという意味合い…

  4. 確定拠出年金

    住信SBIネット銀行が個人型確定拠出年金(iDeCo)の掛け金の引き落としに対応したので変更してみた…

    こんにちは、SBI証券を利用して個人型確定拠出年金(イデコ)で積立投資…

  5. 確定拠出年金

    個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」を賢く活用するための基礎知識

    日本における年金制度は、20歳以上のすべての人が共通して加入する「国民…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運用実績

【2009年】10,783,014円  10.57%

【2010年】11,047,766円  -5.07%

【2011年】13,708,538円  -1.67%

【2012年】15,964,381円  9.66%

【2013年】19,907,637円  18.37%

【2014年】21,911,768円  6.41%

【2015年】22,292,459円  -0.94%

【2016年】24,211,147円  5.91%

【2017年】25,735,830円  4.21%

【2018年】27,267,608円  0.92%

詳細

最近の記事

アーカイブ

  1. ソーシャルレンディング

    SBISL不動産バイヤーズローンファンド19号の最終損失額が確定、業者の担保評価…
  2. 不動産投資

    中国(海外)で不動産を購入するのはなかなか大変な作業
  3. ソーシャルレンディング

    ソーシャルレンディング業界に逆風!投資家の心理が急速に冷えつつある
  4. 不動産投資

    テナントの要望に答えて金庫を購入しました
  5. 雑記

    銀行預金の金利低すぎ!でもリスクは取りたくない、それなら個人向け国債を買っとけ
PAGE TOP