クレジットカード/キャッシュレス

SBIカードPlus(Visa)終了に伴い、SBIカード(MasterCard)に切り替えました!

メインカードとして利用していたSBIカードPlus(Visa)が2013年9月30日で終了するのに伴い、SBIカード(MasterCard)に切り替えてみました。

 

SBIカードPlusはなかなか使い勝手が良く、特に不満なく使っていたのでサービス終了はかなり残念でしたね。

年会費無料でも還元率の高いレギュラーカード

今回、SBIカードを申請してからカードが届くまで、およそ3週間くらいかかりました。年会費無料のレギュラーカードで、色はホワイトをチョイス。

個人的には、Visaの方が好きなので、MasterCardしか選択できないのはちょっと残念。

SBIcard

SBIカードではショッピング1,000円あたり10ポイント貯まります。ポイントは現金と交換することが可能で還元率1.0%と1.2%から選択することができます。

ポイントの有効期限は2年間。キャッシュバックはWebから簡単に申請できて、提携銀行によっては即時反映されるのがGoodです。

引落日を自由に設定できて、オンラインチェックを利用すればいつでも支払いをできるのも魅力ですね。

まとめ

私の場合、クレジットカードを利用する場合には必ず一括払いで使っているので、ショッピングの際に1.0(1.2)%割引で買い物できることになります。

還元率だけで言うと、最近ではもっと高いカードも出てきているようです。ただ、年会費がかかったり、特定の買い物に限られたり、年間利用の上限額が厳しいといった条件が付くこともあるようです。

SBIカード(レギュラー)は年会費無料でどこで買い物をしても一律ポイントが付いて、ポイントの有効期限も2年となっています。ステータスにこだわらなければ、なかなか良いカードではないかと思います。

ミリオネアが多く住んでいる都市ランキング前のページ

ソニーお前もか!SBIカードPlusに続きソニーカードも2014年5月31日でサービス終了次のページ

関連記事

  1. クレジットカード/キャッシュレス

    行政にもキャッスレス化の波!大阪市が全国で初めてApple Payでの納税対応

    これ、地味に嬉しくないですか。大阪市が全国の自治体で初めてとな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運用実績

【2009年】10,783,014円  10.57%

【2010年】11,047,766円  -5.07%

【2011年】13,708,538円  -1.67%

【2012年】15,964,381円  9.66%

【2013年】19,907,637円  18.37%

【2014年】21,911,768円  6.41%

【2015年】22,292,459円  -0.94%

【2016年】24,211,147円  5.91%

【2017年】25,735,830円  4.21%

【2018年】27,267,608円  0.92%

【2019年】29,632,758円  5.53%


詳細

最近の記事

  1. ソーシャルレンディング
  2. ソーシャルレンディング
  3. ソーシャルレンディング

アーカイブ

  1. 銀行

    銀行窓口で投資相談するのは愚の骨頂!手数料の高い金融商品を買わされるのがオチ
  2. ソーシャルレンディング

    ソーシャルレンディング

    【配当金】maneoから2017年10月分20,662円の分配金を頂きました
  3. クレジットカード/キャッシュレス

    リボ払いの利率が高すぎる!クレジットカードを利用するなら一括払いが基本
  4. 為替

    中国の人民元対米ドルで最高値を更新
  5. 書評

    ビットコインは投資対象というよりは社会にもたらす変化について注目すべし
PAGE TOP