ソーシャルレンディング

行政処分があけたクラウドバンク、業務の一部を引き続き休止することを発表

本日から行政処分があけて、業務の再開を予定していたクラウドバンクが自主的に業務の一部を引き続き休止することを発表しました。

業務の休止内容は次の通りになっています。

①匿名組合の出資持分の募集の取扱い業務のうち、新規の勧誘を伴う業務
②グリーンシート銘柄の売買等業務のうち、新規の勧誘を伴う業務
③匿名組合の出資持分の募集の取扱い業務及びグリーンシート銘柄の売買等業務以外の金商品取引業に係る新規の業務
なお、営業の休止期間中であっても下記の業務は継続して行っております。
(1)クラウドバンクにおいてお客様が投資したファンドからの分配・償還やお客様の申請に基づく出金に係る業務
(2)当社に証券口座開設をしており既にグリーンシート銘柄の取引経験があるお客様による、グリーンシート銘柄株式の取引に係る業務

当社の業務の一部休止について

クラウドバンクは行政処分に伴う業務改善命令に基づいて、投資家に預り金残高の確認をしていましたが、一部の投資家から残高照会の確認が取れていないようですね。

残高照合への回答を得られ次第、業務を再開する予定とのこと。

投資家の信頼回復が急務

クラウドバンクにとっては、もうミスは許されない状況となっています。万全を期してから業務の再開をするのは当たり前として、今後は投資家の信頼をどこまで回復できるかが大きな課題となりそうです。

しばらく様子をみてから投資を再開するどうか決めたいと思います。

関連記事

  1. ソーシャルレンディング
  2. ソーシャルレンディング

    ソーシャルレンディング

    【2019年6月】ソーシャルレンディングの分配金は33,963円、maneoは顧客資産を分別管理して…

    早いもので2019年も残り半分となってきました。今年中には資産運用額を…

  3. ソーシャルレンディング

    maneoが2015年内を目処にGMOクリックホールディングスと資本業務提携へ

    ソーシャルレンディング大手のmaenoは以前から、大手証券会社との提携…

  4. ソーシャルレンディング

    ソーシャルレンディング

    【2019年1月】ソーシャルレンディングの分配金は46,695円、maneoの自己資金は順次撤収中

    投資しているソーシャルレンディング3社から2019年1月分の分配金を受…

運用実績

【2009年】10,783,014円  10.57%

【2010年】11,047,766円  -5.07%

【2011年】13,708,538円  -1.67%

【2012年】15,964,381円  9.66%

【2013年】19,907,637円  18.37%

【2014年】21,911,768円  6.41%

【2015年】22,292,459円  -0.94%

【2016年】24,211,147円  5.91%

【2017年】25,735,830円  4.21%

【2018年】27,267,608円  0.92%

詳細

最近の記事

  1. ソーシャルレンディング
  2. ソーシャルレンディング

アーカイブ

  1. ファンド

    投資ブロガーが選ぶファンド・オブ・ザ・イヤーにバンガードのVTが選ばれる!
  2. 節約

    廃車王の車買取を利用してみた!廃車の手続きや費用で注意すべき5のポイント
  3. クレジットカード/キャッシュレス

    ジャックスお前もか!漢方スタイルクラブカードやリーダーズカードなどの還元率が次々…
  4. 不動産投資

    不動産投資の節税対策!青色申告は本当にお得なのか?
  5. 書評

    銀行預金だけでは実質的にドンドン目減りする!貯金が1000万円になったら資産運用…
PAGE TOP