ソーシャルレンディング

行政処分があけたクラウドバンク、業務の一部を引き続き休止することを発表

本日から行政処分があけて、業務の再開を予定していたクラウドバンクが自主的に業務の一部を引き続き休止することを発表しました。

業務の休止内容は次の通りになっています。

①匿名組合の出資持分の募集の取扱い業務のうち、新規の勧誘を伴う業務
②グリーンシート銘柄の売買等業務のうち、新規の勧誘を伴う業務
③匿名組合の出資持分の募集の取扱い業務及びグリーンシート銘柄の売買等業務以外の金商品取引業に係る新規の業務
なお、営業の休止期間中であっても下記の業務は継続して行っております。
(1)クラウドバンクにおいてお客様が投資したファンドからの分配・償還やお客様の申請に基づく出金に係る業務
(2)当社に証券口座開設をしており既にグリーンシート銘柄の取引経験があるお客様による、グリーンシート銘柄株式の取引に係る業務

当社の業務の一部休止について

クラウドバンクは行政処分に伴う業務改善命令に基づいて、投資家に預り金残高の確認をしていましたが、一部の投資家から残高照会の確認が取れていないようですね。

残高照合への回答を得られ次第、業務を再開する予定とのこと。

投資家の信頼回復が急務

クラウドバンクにとっては、もうミスは許されない状況となっています。万全を期してから業務の再開をするのは当たり前として、今後は投資家の信頼をどこまで回復できるかが大きな課題となりそうです。

しばらく様子をみてから投資を再開するどうか決めたいと思います。

関連記事

  1. ソーシャルレンディング

    【2018年10月】ソーシャルレンディングの分配金は46,493円

    投資を行っているソーシャルレンディング3社から2018年10月分の分配…

  2. ソーシャルレンディング

    ソーシャルレンディング「クラウドバンク」の累計応募金額が50億円を突破

    日本クラウド証券株式会社が運営する融資型クラウドファンディングサービス…

  3. ソーシャルレンディング

    ソーシャルレンディング業界に逆風!投資家の心理が急速に冷えつつある

    こんにちは、しんのすけです。ここ最近のソーシャルレンディングの…

  4. ソーシャルレンディング

    ガイアファンディングお前もか!全ファンドの利息喪失および元利金の未回収が発生

    2018年はソーシャルレンディングにとって大きな転換点となりそうな雰囲…

  5. ソーシャルレンディング

    ソーシャルレンディング歴6年目、自己資金1000万円以上を突っ込んでいる俺の累積損失額を公開

    ソーシャルレンディングへ投資を開始してから6年目に突入した、しんのすけ…

運用実績

【2009年】10,783,014円  10.57%

【2010年】11,047,766円  -5.07%

【2011年】13,708,538円  -1.67%

【2012年】15,964,381円  9.66%

【2013年】19,907,637円  18.37%

【2014年】21,911,768円  6.41%

【2015年】22,292,459円  -0.94%

【2016年】24,211,147円  5.91%

【2017年】25,735,830円  4.21%



 ⇒詳細

最近の記事

アーカイブ

  1. 不動産投資

    不動産売却時にかかる税金「短期譲渡」と「長期譲渡」の違い
  2. ソーシャルレンディング

    SBIソーシャルレンディングのローンファンドにて損失率16%の貸し倒れが発生
  3. 書評

    低位株は個人投資家にチャンスあり!低位株投資5つの戦術
  4. 不動産投資

    中国(海外)で不動産を購入するのはなかなか大変な作業
  5. 雑記

    ミリオネアが多く住んでいる都市ランキング
PAGE TOP