雑記

宝くじのボッタクリ半端ないって!買った瞬間50%以上差し引くなんて出来ひんやん、普通

こんにちは、宝くじがぼったくり商品だと分かって以降、全く購入する気が起きない、しんのすけ(@shinnosuke_aim)です。

今年も年末ジャンボ宝くじ(第770回 全国自治宝くじ、以下、年末ジャンボ)の発売が開始されると、銀座の宝くじ売り場に出来た行列をテレビなどで放送していましたね。最高金額は1等・前後賞合わせて10億円。庶民からすれば一生かけても手にすることができないほどの金額に夢が膨らみかけます。

でもちょっと待ってください。宝くじって本当に夢がある商品なんでしょうか?

実は宝くじは発売元である地方自治体が確実に儲かる仕組みになっていて、購入者は高い確率で損をするようにできています。

なぜ購入者は高い確率で損をしてしまうのか?その理由については、現在発売されている年末ジャンボのデータを使って確認してみることにしましょう。

2018年 年末ジャンボのケース

発売総額

2000万枚×24ユニット×300円=1,440億円

当せん金

  • 1等: 7億円×24本=168億円(0.000005%)
  • 1等の前後賞: 1億5,000万円×48本=72億円(0.00001%)
  • 1等の組違い賞: 10万円×4,776本=4億7,760万円(0.000995%)
  • 2等: 1,000万円×72本=7億2,000万円(0.000015%)
  • 3等: 100万円×2,400本=24億円(0.0005%)
  • 4等: 10万円×96,000本=96億円(0.02%)
  • 5等: 1万円×480,000本=48億円(0.1%)
  • 6等: 3,000円×4,800,000本=144億円(1.0%)
  • 7等: 300円×48,000,000本=144億円(10.0%)

()は当選確率。

【合計】707億9760万円

還元率

(707億9760万円 ÷ 1,440億円)×100=49.165%

宝くじは無知な人間に対する「税金」と言われる理由

年末ジャンボの発売枚数は4億8,000万枚となっています。価格は1枚300円なので発売総額は1,440億円。当せん金に関しては、1等から7等の当選金を合計すると707億9760万円になります。

当せん金の合計から発売総額を割ると、還元率が49.165%ということが分かります。還元率は簡単に説明すると掛け金に対してどのくらい戻ってくるのかを表す指標のことです。

つまり宝くじを1万円分購入すると5,100円を発売元である地方自治体に持っていかれ、残りの4,900円を購入者への当せん金として分配することになります。(ここでは分かりやすくするため、数値を簡略化しています)

ちなにみ還元率は今年が特別に低いというわけではなく、毎年こんな感じの還元率が続いています。このようなことから宝くじは無知な人間に対する「税金」なんて揶揄する人も少なくありません。毎年、宝くじ売り場に行列を作っている人は自ら進んで税金を支払っている人とも言えます。

当選金額を釣り上げるのではなくもっと還元率を上げれば、まだ救いはあるのですが、儲けが少なくなるのがよほど嫌なのか、全く改善される兆しがありません。もはや地方自治体の集金システムになっています(なお還元率を上げるためには法律を改正する必要があるみたいです)

まとめ

投資の世界では販売手数料を3%を取るファンドはぼったくりだと文句を言われます。宝くじの51%がいかにひどいか分かっていもらえたのではないでしょうか。

徐々にボッタクリ商品であることに気づく人は増えてきているようで、宝くじの売り上げは2005年の1兆1000億円台をピークに減少傾向が続いています。2017年度に関しては7000億円台までに落ち込んでいるようです。ネットで購入できるようにするなどテコ入れをしているようですが、還元率が改善されなければジリ貧の状態続くでしょうね。

宝くじを購入する人の中には寄付や社会貢献も兼ねていると反論する人もいるかもしれません。それだったら直接支援したい団体や組織に寄付する方がよっぽど効率的です。またふるさと納税やクラウドファンディングなどの支援サービスなども普及してきており、宝くじの必然性も薄れてきています。

純粋にお金を少しでも増やしたいと考えるなら、宝くじを購入するのではなく、ローコストのインデックスファンドを購入してコツコツと積み立てた方が将来手にすることができるお金が多くなる可能性は高くなるでしょう。

関連記事

  1. 雑記

    マイナンバー歴44年の経験者が教えてくれる制度のメリットとデメリット

    2015年10月から国民一人ひとりに12桁のマイナンバー(個人番号)の…

  2. 雑記

    ダイヤモンドの資産価値は暴落?価格は天然の10分の1、合成ダイヤモンドの実力

    ダイヤモンドはその希少性から、価値があるのもとして多くの人に認識されて…

  3. 雑記

    マイナス金利の影響で、個人向け国債変動10年の利回りが最低利率0.05%へと低下

    マイナス金利の影響がじわじわと出てきているようです。2016年…

  4. 雑記

    銀行預金の金利低すぎ!でもリスクは取りたくない、それなら個人向け国債を買っとけ

    こんにちは、自分年金ファンドマネージャーのしんのすけです。資産…

  5. 雑記

    SBI証券からの取引毎の郵便物が鬱陶しい!そんな時は電子交付サービスに切り替えよう

    こんにちは、メインで使用している証券会社はSBI証券のしんのすけ(@s…

  6. 雑記

    敷金・礼金・仲介手数料なし!孫正義も投資したインド発の不動産ベンチャー「OYO」に期待

    インド発のホテル・不動産ベンチャー企業の「OYO」が日本で不動産仲介サ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運用実績

【2009年】10,783,014円  10.57%

【2010年】11,047,766円  -5.07%

【2011年】13,708,538円  -1.67%

【2012年】15,964,381円  9.66%

【2013年】19,907,637円  18.37%

【2014年】21,911,768円  6.41%

【2015年】22,292,459円  -0.94%

【2016年】24,211,147円  5.91%

【2017年】25,735,830円  4.21%

【2018年】27,267,608円  0.92%

詳細

最近の記事

アーカイブ

  1. サービス

    ヤフーとソニー不動産が提供する個人向け不動産売買サービス「おうちダイレクト」が開…
  2. クレジットカード/キャッシュレス

    ソニーお前もか!SBIカードPlusに続きソニーカードも2014年5月31日でサ…
  3. 書評

    投資で食っていくために必要な7つのスキル:「一生お金に困らない個人投資家という生…
  4. 書評

    最強の投資家に共通する23の習慣とは?「バフェットとソロス勝利の投資学」
  5. ニュース

    ソフトバンクが負担0円の個人住宅向けソーラーパネル設置サービス「おうち発電プロジ…
PAGE TOP