書評

平熱が35℃台の低体温の人は要注意:「体温を上げると健康になる」

米国医師免許(ECFMG)を取得しているニューヨーク州の医師である齋藤真嗣医師が書いた「体温を上げると健康になる」という本を読んでみました。

アメリカやEU、日本で認定されたアンチエイジングの専門医である齋藤医師が提唱する「体温アップ健康法」について解説されています。

低体温だと病気になりやすい。体温が1℃さがると、免疫力は30%も低くなる

一般的にも、経験的にも体温が下がっていると病気になりやすいという意見に反対する人は少ないと思います。まあ、免疫力が30%下がるかどうかは分かりませんが、体温の下げ過ぎには注意したいところです。

ちなみに健康体の体温は、36.5℃~37.1℃とのこと。ガン細胞は、35℃台の低体温の時にもっとも活発に増殖するそうです。

「風邪かな?」と思ったらお風呂にゆっくり浸かり、体を温める

子どもの頃から、風邪を引いたらお風呂に入ってはいけないと言われてきましたのでちょっと意外でした。しかし、体をあたためるという意味では理にかなっているのかもしれません。

風邪の引き始めなどには、お風呂に入ってから寝るようにしてみたのですが、治りが早いような感じなので実践するようにしています。ただ、本格的な風邪の場合は、お風呂に入るのは避けて、ベットで安静していたほうがよいですね。

筋肉をつけるトレーニングをすることで体温が上がり、同時に脳トレにもなる

私の場合デスクワークが多く、運動不足がちだったのでジムで筋トレをするようになりました。筋肉をつければ太りにくくなり、体温も上がり健康になる。まさに一石二鳥ですね。頭が冴えるという意味では脳トレの効果も期待できるようです。

筋トレの習慣はこのまま続けていきたいと思います。ちなみに、たんぱく質はトレーニング後、10分以内に摂取するのがもっとも効果的だそうです。

成長ホルモンが出なくなってしまうので、夕食後4時間空けなければ寝てはいけない

食後すぐに寝てしまうと消化に悪いという程度の認識でした。毎日というわけにはいきませんが、なるべく夕食後4時間以上空けてから寝るように心がけるようになりました。

成長ホルモンの効果は不明ですが、寝付きがよくなりお腹が空いて朝食がおいしく感じることが多くなってように感じます。

理想の入浴温度は41℃

お風呂の温度は41℃にすると体に良いみたいです。ちなみに健康ランドに言った時になんとなくお風呂の温度を確認すると41℃の設定になっていました。家庭のお風呂で温度調整するときはこの41℃を意識してみても良いかもしれません。

まとめ

健康関連の情報は様々な要因が複雑に絡み合っていたり、個人差などがあるのですべてを鵜呑みにするのは避けるようにしています。

この本に関してもネットでは賛否両論が飛び交っていますが、個人的にはすべてを受け入れる必要はなく、自分が納得のいくものがあれば実践してみる。その中で1つでも生活習慣として身に付けることができたらもうけものというスタンスくらいがちょうど良いのではないかと思います。

 

日本語の住所をサクッと英語表記に変換してくれるサービス「JuDress」前のページ

今までの「ビジネスモデル」に縛られる人は、急激に「化石化」していく:「新しい働き方」ができる人の時代次のページ

関連記事

  1. 書評

    健康オタクの高城剛がおすすめする世界最古の医学「アーユルヴェーダ」

    「アーユルヴェーダ」という単語が気になったので、高城剛さんが書いた「サ…

  2. 書評

    来るかビックウェーブ!?セルフパブリッシングでベストセラーを生み出す方法:「私にはもう出版社はいらな…

    「死ぬまでに一度で良いから自分で書いた本を出版してみたい」と思っている…

  3. 書評

    誰がやっても失敗しない3つの普遍的なダイエット方法「一生太らない体のつくり方 スロトレ実践編」

    【前回の記事】一生太らない体のつくり方:中高年にこそ必要な筋トレダイエ…

  4. 書評

    科学的根拠もあり!健康寿命をのばすために本当に必要な生活習慣「肉を食べる人は長生きする」

    医学博士で日本応用老年学会理事長でもある柴田博さんの「肉を食べる人は長…

  5. 書評

    銀行預金だけでは実質的にドンドン目減りする!貯金が1000万円になったら資産運用を考えなさい

    株式会社資産デザイン研究所の内藤忍さんの「貯金が1000万円になったら…

  6. 書評

    生活習慣予防から美容・ダイエットまで!今日からできる「水」健康法「正しい水の飲み方・選び方」

    人間であれば誰でも飲んでいる「水」ですが、正しい飲み方や選び方を知って…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運用実績

【2009年】10,783,014円  10.57%

【2010年】11,047,766円  -5.07%

【2011年】13,708,538円  -1.67%

【2012年】15,964,381円  9.66%

【2013年】19,907,637円  18.37%

【2014年】21,911,768円  6.41%

【2015年】22,292,459円  -0.94%

【2016年】24,211,147円  5.91%

【2017年】25,735,830円  4.21%

【2018年】27,267,608円  0.92%

【2019年】29,632,758円  5.53%


詳細

最近の記事

  1. ソーシャルレンディング
  2. ソーシャルレンディング
  3. ソーシャルレンディング

アーカイブ

  1. 確定拠出年金/基礎年金

    「老後2000万円」不足問題、まずは「ねんきんネット」で将来いくら年金を貰えるか…
  2. 書評

    ダイエットやメタボ対策に効果あり!今すぐ自転車に乗りたくなる3つの理由
  3. 雑記

    個人情報も安心して破棄できる!コクヨの静音パーソナルシュレッダーRELISH(リ…
  4. 書評

    「やればできる!」の研究。能力や才能は生まれつきではないことを20年間の調査で実…
  5. 雑記

    11月3日に開催されたツール・ド・東北 2013に参加!グルメフォンド(約60k…
PAGE TOP