クレジットカード/キャッシュレス

SBIカードが2015年10月1日のポイントプログラム変更に伴い「ボーナスポイント」制度を導入!気になるその内容とは?

以前の記事で、SBIカードが2015年10月1日からポイントプログラムの改悪を行うことを紹介しました。

SBIカードが2015年10月1日から年会費とポイントプログラムを改定!何度確認してもガッカリの内容

「ボーナスポイント」制度の内容

そんなSBIカードが9月1日、半年間の利用金額に応じてポイントがもらえる「ボーナスポイント」制度を導入することを新たに発表しました。

年会費・SBIカードポイントプログラム・ショッピング手数料等改定のお知らせ

sbicard.jp_info_20150901l

「ボーナスポイント」制度により、6ヶ月の合計利用額に応じてもれなくポイントが付与されるようになるみたいです。

ただ、付与されるポイントはかなりガッカリな内容になっています。以前までの1ポイント1円くらいで交換できるならまだしも、改定されたレートではあまり魅力を感じることはできません。

まあ、ないよりましかな程度でしょう。

「ボーナスポイント」制度を加味しても、個人的にはSBIカードを積極的に選ぶ理由は今のところみつからないですね。

未公開株、和牛オーナー、海外ファンド、高金利預金、あやしい投資話に乗ってみた前のページ

マイナンバー改正法が成立!2018年から銀行預金口座へ適用、年金番号との連結は延期次のページ

関連記事

  1. クレジットカード/キャッシュレス

    SBIカードPlusが2013年9月30日でサービス終了を発表!

    SBIカード株式会社は、「SBIカードPlus」のサービスを終了するこ…

運用実績

【2009年】10,783,014円  10.57%

【2010年】11,047,766円  -5.07%

【2011年】13,708,538円  -1.67%

【2012年】15,964,381円  9.66%

【2013年】19,907,637円  18.37%

【2014年】21,911,768円  6.41%

【2015年】22,292,459円  -0.94%

【2016年】24,211,147円  5.91%

【2017年】25,735,830円  4.21%

【2018年】27,267,608円  0.92%

【2019年】29,632,758円  5.53%


詳細

最近の記事

  1. ソーシャルレンディング
  2. ソーシャルレンディング
  3. ソーシャルレンディング

アーカイブ

  1. 不動産投資

    総合金融グループHSBC(香港上海銀行)にて投資用物件のローン借り入れを実施
  2. ファンド

    バフェットも推奨するS&P500への投資がより身近に!信託報酬率0.0…
  3. ソーシャルレンディング

    SBIソーシャルレンディングが振替投資金額の0.5%相当をキャッシュバックするサ…
  4. 節約

    自動車の維持費削減になる?ガリバーが2016年春から月額定額制の車乗り換えサービ…
  5. ソーシャルレンディング

    maneoがアメリカ不動産投資案件を担保付で提供するガイアファンディングを10月…
PAGE TOP