過去の記事一覧

  1. 雑記

    敷金・礼金・仲介手数料なし!孫正義も投資したインド発の不動産ベンチャー「OYO」に期待

    インド発のホテル・不動産ベンチャー企業の「OYO」が日本で不動産仲介サービスを開始します。OYOは孫正義率いるソフトバンク・ビジョン・ファンドが巨額の投資をした…

  2. クレジットカード/キャッシュレス

    行政にもキャッスレス化の波!大阪市が全国で初めてApple Payでの納税対応

    これ、地味に嬉しくないですか。大阪市が全国の自治体で初めてとなるApple Payを使っての市税を支払える仕組みを導入したことを発表しました。2019年…

  3. NISA

    資産運用を始めるならつみたてNISAがおすすめ、1年で100万口座を突破したってよ

    金融庁は2019年2月13日「NISA(ニイサ)の日」、2018年12月末時点でつみたてNISAの口座数が104万口座に達し、買い付け額は927億4654万円と…

  4. 雑記

    資産運用はまとまった投資資金ができてから始めるべきなのか?

    資産運用を始めるにあたって最初のハードの1つになるのは、まとまったお金ができてから始めようとすること。例えば、同じ投資をするにしても、投資金額によって以下のよう…

  5. ソーシャルレンディング

    【2019年1月】ソーシャルレンディングの分配金は46,695円、maneoの自己資金は順次撤収中

    投資しているソーシャルレンディング3社から2019年1月分の分配金を受け取りました。分配金の合計は46,695円と悪くない金額となっています。ただ、昨年に発生し…

  6. 雑記

    博多おすすめホテル「東急ステイ博多」駅近で部屋広めドラム洗濯機も完備

    前々から引越し先として候補に上がっていた福岡に下見に行ってきました。福岡はコンパクトシティとして有名で、空港までのアクセスが良く、食べ物のおいしくて、物価はそれ…

  7. ソーシャルレンディング

    延滞が発生していたSBISL不動産バイヤーズローンファンド22号の競売が完了、気になる売却結果は?

    延滞が発生して担保不動産の競売が行われていたSBISL不動産バイヤーズローンファンド22号において、2019年1月24日に競売結果が出たという内容のメールをSB…

  8. 不動産投資

    非上場の不動産ファンドに小額から投資できる「bitREALTY(ビットリアルティ)」、ケネディクスと…

    ソーシャルレンディングの遅延やデフォルト問題が多発している中、不動産投資型クラウドファンディングが盛り上がりをみせています。国内最大の独立系アセットマネ…

  9. ソーシャルレンディング

    SBISL不動産バイヤーズローンファンド19号の最終損失額が確定、業者の担保評価はあてになるのか?

    延滞債権が発生していたSBISL不動産バイヤーズローンファンド19号において、2019年1月15日の分配を最後に借りてからの返済がすべて完了した旨のメールをSB…

  10. ソーシャルレンディング

    【2018年12月】ソーシャルレンディングの分配金は44,575円、ただし800,000円の期失案件…

    ソーシャルレンディング各社から2018年12月分の分配金の支払いがありました。現在利用している業者は3社で、トータルの分配金は44,575円となっています。分配…

運用実績

【2009年】10,783,014円  10.57%

【2010年】11,047,766円  -5.07%

【2011年】13,708,538円  -1.67%

【2012年】15,964,381円  9.66%

【2013年】19,907,637円  18.37%

【2014年】21,911,768円  6.41%

【2015年】22,292,459円  -0.94%

【2016年】24,211,147円  5.91%

【2017年】25,735,830円  4.21%

【2018年】27,267,608円  0.92%

詳細

最近の記事

アーカイブ

  1. 不動産投資

    中国では賃貸用に家具・家電を揃える
  2. クレジットカード/キャッシュレス

    リボ払いの利率が高すぎる!クレジットカードを利用するなら一括払いが基本
  3. ソーシャルレンディング

    業務停止中のクラウドバンク、顧客の残高に不備!業務再開まで1ヶ月ないけど大丈夫?…
  4. NISA

    2018年のつみたてNISA終了、楽天 全米株式インデックスファンドを毎日積み立…
  5. 不動産投資

    中国不動産におけるリーシング活動について
PAGE TOP